相談に際しての注意点

全国各地に点在する税理士事務所の中には、相続関連に強い事務所であるとの実績を謳い、相続相談を実施している事務所も多く、これらを活用から早目に現状確認と然るべき対策を講じておくのも一案です。ですがいざ「相談」と言われても、何を相談すれば良いのか、更には税理士という専門職の人達の話す内容が果たして理解出来るのかなど、不安ばかりが先立つ方々も大勢おられるかと思います。まずは相談先の候補に挙げた税理士事務所の公式サイトを閲覧から、掲載配信されている相続に関する基礎知識的な内容の理解に努めてください。私達一般人に向け、分かりやすい表現で記載されていますので、臆する必要はありません。

更に事務所側とのコミュニケーションから、実際に相談に出向くに際しては、その時点で確認出来る範囲で構いません。相続対象になると思われる財産の内容、家族親族構成など、税理士により的確に現状を伝える上で必要な資料を準備しておいてください。税理士の相談サービスは漠然とした口頭での「悩み相談」ではありません。限られた時間の中、他の家族や親族への恨みつらみを零すばかりとなってしまっては、税理士側も届けるべき助言が見出せません。何やら笑い話的な要注意点ですが、こうした展開が現実に垣間見られてしまうのもまた、相続という非常に難しい問題ならではの特徴であり、注意が求められます。

税理士という専門家

今この瞬間も全国各地で間違いなく発生している相続問題は、そのキッカケとなった故人が存命中から然るべき準備と対策を講じる事で、未然にトラブルを防ぐ事が出来たと推察されます。故人のみならず相続の対象となる親族が、自分達が有する財産や負債など、家庭内の財産と財政状況を的確に把握していないケースは、決して珍しくありません。故人の葬儀などが一段落から遺品整理や役所や金融機関など各方面への諸対応を進める中、時に想定外に大きな金額、あるいはそれに相当すると思われる遺産の存在が発覚したのを引き金に、一気に相続問題が浮上する流れは数知れません。

更に相続はこうしたプラス面ばかりではありません。故人が家族親族に知られず抱えていた負債もまた、マイナスの相続対象となる事実をご存知無い方々も、潜在的に少数派とは言えないでしょう。突然身に覚えの無い負債をバトンタッチされるとなれば、誰もが狼狽から憤りすら感じて当然であり、こうした不安定な感情面が結果、家族親族間の争いに油を注いでしまう展開もゼロとは言えません。こうした負の連鎖を未然に防ぐ意味でも、その時点に於ける現状の確認から、然るべき専門家のアドバイスを冷静に仰ぎ、有事の訪れに際しての対策を講じておく作業が求められ、相談相手として税理士の存在がクローズアップされます

トラブルの事例を知る

まずはシンプルかつ誰もが見過ごしてはならない結論として、相続問題は全ての方々が断じて見過ごしてはならない「命題」である現実を挙げておきたいと思います。法律が定める法定相続人として自身が含まれる距離感の親族が亡くなれば、その金額や詳細に関わらず、相続なる二文字は現実問題として私達が抱えねばならないノルマとなります。「我が家には大金も不動産も何も見当たらないから」的な発言は日常的に見聞きされますが、多くの方々が相続問題イコール相続税対策と混同されている傾向が否めません。

たとえばご両親いずれかが所有の持ち家にお住まいであれば、この不動産は相続対象の財産であり、更には亡くなられた親族名義の預貯金、貴金属など時価査定に基づく現金化が視野に入る動産も同じです。日常的は円滑良好と信じて疑わなかった親戚関係が、この相続問題をキッカケに、大袈裟で無く骨肉の争い的な緊張関係をも超越した露骨な戦闘状態に陥る例は数え切れません。金額や相続対象となる内容の大小に関わらず、突然まとまった金額が手に入る可能性が現実味を帯びた際には、本性が理性やモラルで制御出来なくなってしまう、経済社会を生きる私達の「本性」を再認識させられる展開です。日常的に過剰に恐れ意識する必要こそありませんが、相続に絡むトラブルの事例に関しては、予備知識として踏まえておくのが賢明です。

大切な早目の相続相談

あくまでデータ的な情報として、現実的に具体的な相続税対策を必要とする、動産あるいは不動産を有する一般家庭は、全体の数パーセント程度と言われており、大半の方々は相続に関し、漠然と他人事と捉えておられる傾向が否めません。ですが冒頭で触れたのはあくまで、基本現金での納付が求められる相続税すなわち「税金」対策の話であり、相続という現実は誰の身にも必ず対峙せねばならない場面が訪れます。ご両親が他界されたなど、皆さんが法定相続人に該当する親族が亡くなられた際には、葬儀などの対応が一段落すれば間髪入れずに、相続に関する諸々への対応が回避出来ません。しかもこの相続関連の所定の手続きには「期限」が設定されており、面倒だからと先送りにしてしまえば、結果としてペナルティを背負う展開となり兼ねず、関係者一同が理解納得する形での決着が望まれます。

ですが私達はこの相続に関する専門的な深い知識を有してもらうして当然です。いざ葬儀を終えてようやく一息から、次に果たして何をどうすれば良いのか、手も足も出ない出せない状況下に置かれる中、時間ばかりが経過してしまうケースは数え切れません。元来であれば親族一同が会して話し合うべき内容が見過ごせぬ中、時の流れと共にそのキッカケすら見失ってしまえば、それだけ後々の対処に窮して当然です。ここでは早い段階から相続相談を通じて予備知識を確かめておく重要性と、税理士の無料相談サービス活用のメリットに関し、基礎的な情報をお届けします。他人事ではなく、確実にいずれご自身に訪れる場面を想定の上、ぜひ最後までご一読ください。