相談に際しての注意点

Posted by

全国各地に点在する税理士事務所の中には、相続関連に強い事務所であるとの実績を謳い、相続相談を実施している事務所も多く、これらを活用から早目に現状確認と然るべき対策を講じておくのも一案です。ですがいざ「相談」と言われても、何を相談すれば良いのか、更には税理士という専門職の人達の話す内容が果たして理解出来るのかなど、不安ばかりが先立つ方々も大勢おられるかと思います。まずは相談先の候補に挙げた税理士事務所の公式サイトを閲覧から、掲載配信されている相続に関する基礎知識的な内容の理解に努めてください。私達一般人に向け、分かりやすい表現で記載されていますので、臆する必要はありません。

更に事務所側とのコミュニケーションから、実際に相談に出向くに際しては、その時点で確認出来る範囲で構いません。相続対象になると思われる財産の内容、家族親族構成など、税理士により的確に現状を伝える上で必要な資料を準備しておいてください。税理士の相談サービスは漠然とした口頭での「悩み相談」ではありません。限られた時間の中、他の家族や親族への恨みつらみを零すばかりとなってしまっては、税理士側も届けるべき助言が見出せません。何やら笑い話的な要注意点ですが、こうした展開が現実に垣間見られてしまうのもまた、相続という非常に難しい問題ならではの特徴であり、注意が求められます。